スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エモンガ


今日の獲物になるのはエモンガさんです

※この記事は個人的な価値観を元に書かれたものであり。
 ここに書いてあることが絶対というわけではないので
 不快に思われる方の閲覧はご遠慮ください。


前回は我ながら見づらいものになってしまったので

今回は見やすく簡潔に

タイプは電気飛行で

かふぇも大好きサンダーと同じタイプです。

弱点が通常時で岩と氷のみ。

サンダーさんと同じですね。

耐久は紙に近い。

火力も無に等しい。

素早さだけなら、サンダーにも勝る。

といったところでしょう

ストーリーで某シビれるモデルさんのせいで苦い思い出がある人も少なくないと思います。

あいつについて考えて見た。

サンダー使い(失笑)のかふぇによるサンダーの簡単な紹介

プレッシャー+はねやすめ でかてえええええええええ!!

弱点もまるっきり変わるから読みづらくてかなり倒すのがしんどい。

ってところですよね

勿論、ねっぷう、電気技、めざパ氷

とかいう広範囲アタッカーもアリです。

使ってますがめっちゃ強いです。

なかなかわらかしてくれます。

ここから本題。

サンダーは強い。

しかし、伝説ポケっていうこととか。

色々あって肩身が狭いですよね。

そこで目を付けたのが「エモンガ」なわけです。

同じタイプをもち。

実は「はねやすめ」も遺伝で習得可能。

ガブリアスよりはやいので…。

ふへへ(・∀・)

しかし、問題が

・耐久が紙
・プレッシャーがない

これが大きいと思います。

この2つの問題があるので

サンダーほどの安定感は得られませんが。

やってみよう!ってなったので

考えてみました

Aパターン
おくびょう@ヨロギ
S252 H調整 残りB
ほうでん、みがわり、あまえる、はねやすめ

ようきガブを抜くことを考え最速
Hは身代わり調整。残りはB

基本は身代わり→はねやすめ

という流れで岩技を受けていきます。

ヨロギがあるの1発でエッジの餌食。ということは稀だと思います。

素早さの種族値で勝っている相手に先手を取られる。ということはスカーフと踏んで間違いないはずなので

後攻身代わり→あまえる

としてあげれば、逃げるはず

その隙に体勢を立て直すなり何なり…。

恐らくこれを観た人は

「なぜ放電?10万のほうが威力たけーじゃん」

ってなると思いますが

そもそも火力を求めた型ではなく

相手の物理アタッカーの働きを弱めるのが目的

であるため

麻痺率が高い放電をにしています。

今作で警戒すべきパルシェンも鉢合わせなら

先制放電で基本的に狩れるはずです。

アンコとかも一応遺伝で覚えるので

考えてみましたが、そういうのは基本エルフーンの劣化になるので

あえて書きませんが

エモンガにもかなりの可能性があると信じてます!

| L'oiseau qui vole dans un ciel bleuホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://angelicaenef.blog74.fc2.com/tb.php/1236-e1c1994b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。