スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないうちに


今日起きた不思議な出来事。

「こいつ頭らりってんじゃねーのwwwwwwwww」

とか思っちゃう方は開かないようにお願いします


数日ぶりの帰宅。

我が家はやっぱり居心地が悪い!

あの子とメールしてたら

何だかだんだん息が苦しくなってきた

そして、目の前が真っ暗になった

倒れたのはわかった。

まぁ、布団の上だったからいいんだけども

メールの着信音がするのもわかった

とりあえず、生きてるってことを伝えたくて

メールは返事した。

変に文章を打つとうまくメール送信できなそうだったから。

頭の中はぐちゃぐちゃだった。

何考えてるのかわからなかった

でも、心配かけたくないからメールは返した

その間

自分の感覚では

冷たい水の中

部屋は一応暖房ついてたので暖かいはずなんだけど

その中をどんどん下のほうへ沈んでいく感じがした。

上のほうは微かに明るい。

でも、あがっていくことはできない。

どうなるのかなーとか考えてた気がするけど

意識が半分とんでて

思考もほとんど停止状態だったので

わけがわからない

そんな中ふと。

「空メじゃ返って心配するんじゃね?」

って思って

自分で見直しできないけd

感覚を信じて

「だいじょうぶ」

って送り続けてた。

そのうちに

真っ暗な中に何だかわからない

形も何もわからないけど

冷たい何かがいて

それが自分の周りをくるくるまわってる感じがした

だんだんカラダが動かなくなっていって

着信音がきこえるのに返事できない状態になった

そして

自分が生まれてからの流れのようなものが見えた

ぼんやりと。

なぜか第三者視点で

でも、ほとんどが実際にあったこと

自分がかなり幼かった頃のものは

自分の記憶にはないから確認できないけど

物心ついてからのものはすべて本当にあったことだった。

ものすごいスピードでそんなものを見てて

不思議と涙が出てきた。

そして

あの子と出会った日まで一気に目の前に広がっているものが流れた

そこからはゆっくりだった。

すごく。

実際にその期間を再び過ごしているのかと思うくらい。

そして、昨日まできたところで

首筋と心臓が痛くなった。

全身が縛られる感じがした。

そのとき思い出したことが1つ

「人が死ぬ時はその人の記憶を振りかえらされて犯した罪などに対して反省しているかいないかを問われる」

みたいな話があったなー

それで反省してなかったらどうなって

してたらどうなるんだろう

なんてことを考えながら

「死ぬのかなー」

「約束守れなくてごめんね」

って思ってたら

聞き覚えはあるけど

誰の声だかは思い出せない声で話かけられた。

誰の声か、何を言われたのか

ってのを

思い出そうとすると頭が痛くなって思い出せないんだけど

その声を聞いて何をしたかわからないけど

気付いたら部屋で横になっていた。

いつも通り左手に携帯をもちながら

夢かなって思ったけど

メールは返してた。

痛かった部分などにはその感覚はまだ残ってる。

頭は何か所も鈍器で殴られているような痛み

首もかなり刃物で切られたような痛み

目の奥がずーんと疲れ目のような状態

耳も酷い耳鳴り

心臓や肺も締め付けられるような痛み

お腹の中でとげとげのものが暴れまわってるようなキリキリとした痛み

手足は強く縛り付けられてたような感覚と痛み

何よりも全身に違和感を感じる…。

そして、起きあがったら鼻血が出ててびっくりして拭いた。

何だったんだろうな

時間はメールの時間を見る限りでは

それほど経過してなかったと思う。

うーん…。

どうでもいいけど

あの子にもらった手作りのお守りが首になくて。

どういうわけか部屋の隅に乱暴に投げられたかのように落ちてた。

お風呂のとき以外ずっと大切につけてるお守りなのにおかしいな…。

なんかカラダ変だな…






無駄な長文にお付き合いありがとうございました

きっと疲れてるんですね(´ω`)

| L'oiseau qui vole dans un ciel bleuホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://angelicaenef.blog74.fc2.com/tb.php/1119-0f2451e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。